豊通エスケー沿革 | 参考 | 参考 | 株式会社 豊通マシナリー | 株式会社 豊通マシナリーは最先端の技術とサービスを提供し、『価値創造企業』を目指します。 | 愛知県名古屋市

豊通エスケー沿革

旧・豊通エスケー株式会社の会社沿革を紹介いたします。

旧・豊通エスケー株式会社の会社沿革

1971年 豊通繊維機器販売株式会社(資本金1,000万円)を設立。
1974年 資本金3,000万円に増資。
1991年 豊田通商株式会社繊維機械部の国内販売業務を継承。
1992年 豊通エスケー株式会社に社名変更。
2003年 輸出部をセンチュリー豊田ビル(豊田通商(株)名古屋本社内)に移転。
2004年 社名ロゴ変更。
2005年 刈谷パーツセンター設立。
2007年 安城パーツセンター開業。
2008年 刈谷パーツセンターを安城パーツセンターに統合。
2010年 株式会社TEMCO、株式会社 豊通マシナリー、株式会社DICOと合併し、社名を株式会社 豊通マシナリーに変更。
旧社の沿革
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
沿革