トーメンテクノ沿革 | 参考 | 参考 | 株式会社 豊通マシナリー | 株式会社 豊通マシナリーは最先端の技術とサービスを提供し、『価値創造企業』を目指します。 | 愛知県名古屋市

トーメンテクノ沿革

旧・株式会社トーメンテクノソリューションズの会社沿革を紹介いたします。

旧・株式会社トーメンテクノソリューションズの会社沿革

1975年 株式会社トーメン工作機械部門を分離させ、株式会社トーメン・マシンツールスを設立。
1976年 鍛圧機械部門を株式会社トーメンより移管。
1979年 東京ショールームを開設。DNC運転展示場、テスト加工、NCスクール施設として活動。
1980年 本社内に自動プログラミング装置を置き、テープサービス開始。
1981年 東京ショールームに3次元測定機設置、金型加工システム開発開始。
1982年 視覚付きロボット、画像処理装置販売開始。
1983年 資本金を13,000万円に増資。
1984年 ニューセラミックス製造・加工システム販売開始・工業炉関係部門を株式会社トーメンより移管。
1986年
  • 社名を株式会社トーメンマシーナリーに変更。
  • 本社第二工場(現本社棟)新設。
  • 基盤実装材、及び関連装置販売開始。
1992年 環境、リサイクル関連機器販売開始。
1995年 本社を日本橋本町より赤坂へ移転。
1998年 ダイオキシン、重金属吸着剤輸入開始。
1999年
  • 東京本社、大阪支店、名古屋支店 ISO14001認証取得。
  • 繊維機械部門を株式会社トーメンより移管。
2000年 本社を赤坂より丸の内へ移転。
2002年 資本金を26,500万円に増資。
2003年 社名を株式会社トーメンテクノソリューションズに変更。
2007年 豊通エンジニアリング株式会社と経営統合し、株式会社TEMCOを設立。
旧社の沿革
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
沿革