沿革 | 企業情報 | 企業情報 | 株式会社 豊通マシナリー | 株式会社 豊通マシナリーは最先端の技術とサービスを提供し、『価値創造企業』を目指します。 | 愛知県名古屋市

沿革

株式会社 豊通マシナリーの会社沿革を紹介いたします。

合併以前の旧3社の沿革についてもご覧いただけます。

株式会社 豊通マシナリーの会社沿革

1978年
  • 名古屋市中村区名駅4丁目にて資本金3,000万円で豊通エンジニアリング株式会社を設立。
  • 機械設備用予備部品の調達・納入業務を開始。
1979年
  • 熱電対の製作開始。
  • 国内生産ラインの移設改造業務一括請負開始。
1980年 田原分室開設。
1981年 資本金6,000万円に増資。
1982年 生産設備設計製作開始。
1983年 海外工場向機械設備用予備部品の調達、供給業務を開始。
1985年 豊田堤町に本社移転(現堤支店)。
1989年 海外工場向生産ラインのトータルエンジニアリング業務開始。
1990年 豊田本社に事務棟及び製造工場増改築。
1997年 本社製造工場増改築。
2000年 本社及び田原分室 ISO14001認証取得。
2002年 関東分室開設。
2003年 技術棟新設。
2004年 関東分室ISO14001認証取得。
2006年
  • 九州分室開設。
  • 本社第二工場(現本社棟)新設。
  • リジェネバーナー事業開始。
2007年
  • 株式会社トーメンテクノソリューションズと経営統合し、株式会社TEMCOを設立。
  • 資本金32,500万円に増資。
2009年 株式会社 豊通マシナリーを設立。(出資比率:豊田通商株式会社75%:株式会社TEMCO25%)
2010年
  • 設備の設計製作に関わる部門を会社分割し、豊通テクノプロト株式会社に継承。
  • 株式会社 豊通マシナリー、豊通エスケー株式会社、株式会社DICOと合併し、社名を株式会社 豊通マシナリーに変更。
2011年
  • 東京支店と有明事務所を統合し、品川に移転。
  • 名古屋市中村区名駅4丁目(名駅IMAIビル)に本社移転
2016年 名古屋市中村区名駅4丁目(シンフォニー豊田ビル)に本社移転
旧社の沿革
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
企業情報 , 沿革